うにゅーん、って感じだ

SRM highest:1746. C#を書きます.

CODE FESTIVAL 2015 本戦、あさぷろ、リレー

遅くなりましたが、コード祭りのすべての?問題が公開されたようなのでそろそろ書かないわけにはいかないなぁ、と。



本戦

わりとFAを狙ってCから解きました(ただしバグらせた模様)

C : 貪欲に🍣を作ればよい、というのはすぐに見えたんだけど、焦って101みたいなのを2個とカウントしたりとかして7分とかかかった

A : やるだけ

B : まぁN = 1を見落として1WA

D : N-1点、つらい……、という感じ。書きながら考察していくうちに、N点取るのと同じ人数必要か一人少なくても大丈夫か、というのは最大人数必要な時間を全て含有するような区間があるか、というようにすればよい、というのはわかったのだけれど、途中から時刻の最大値が100000だったのをNだと勘違いしてて10分くらい溶かした、死にたい

E : まぁ貪欲にパターンに当てはめて短くしてくんだろうなぁ、と思いはしたけれど、
これ'!'が含まれているときは、入力が0かそれ以外か、出力は1, 0, -1の3通りのみ、となるので、元の式に0と1を当てはめて、その出てきた値がどれになっているか、という9通りに対して全てあらかじめ最短コードを求めておけばよいのでは……! っつって実装しました。
まぁコードを見てもらった方がはやいcode-festival-2015-final-open.contest.atcoder.jp
結局4通りしか見つからなくてそのままほい~、っつって投げたら通ってしまった、うん


と、ここまででちょうど1時間、といったところ

あとの2時間は何をしていたかというと、主にF問題の考察をしていたり、G問題の指数時間解を書いていたり(とほほ)していました
パーカーボーダーが5問になっていなかったらまた泣き寝入りしているところだった……
結果としては65位、感想とか思うところはこの前の記事で書いた気がするのでまぁいいや



あさぷろ
眠い、短縮王のせいで無限に眠い


ほんとは、短縮王についても自分の頑張りをすごくこの場で主張したいんだけど、普段からコードゴルフしているような人々にとってはあたりまえ体操だろうから出す先がない……
コードゴルフはこれから細々とやっていきたいっすね


閑話休題


あさぷろの問題については、Easyとの共通問題しか解けず

Aは普通に計算したけど、二分探索とかしても普通に間に合ったのかなぁ、どっちが実装楽かは個人差ありそうだけど
BはN = 100なので分割する場所をずらしながらLCSで{ O(N^3) }、LCSは適当にそこら辺からdpコピペしてきた

Cは終了後にLinkedListから普通の配列(しゃくとり)に直したら通った、つらみ


リレー
リレーは本戦65位なので7問目を解く
これcode-festival-2015-relay.contest.atcoder.jp

パッと見やべぇわかんねぇw とか思ったけどよく見たら副菜のdpテーブル作っておいてそこに主菜をひとつひとつ当てはめていったときのmaxを見ればいいだけ

っつって実装しに行ったら緊張してたのか、クソみたいなバグで10分くらい溶かした、死にたい

当日のACコードcode-festival-2015-relay.contest.atcoder.jp

あとはBを解いたりJを試すみたいなことをしていた